×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

韓国語能力試験

韓国語能力試験対策勉強法

韓国語能力試験はずばり、韓国語の理解度や実用レベルを測る試験です。
韓国語能力試験のランクは初級中級高級の三段階に分けられており、そのなかで合格点を取ると更に獲得した点数によって1級から6級までが確定します。
うっかり間違えそうですが、1級は初級の一番初歩とも言えるランクで、韓国語能力試験で最も難関とされるのは6級です。

韓国語能力試験の難易度は、比較的高めとされています。
もちろん初級ならば極端に難しい事はないでしょうが、韓国語能力試験の上を目指すのなら対策をしっかり立てて勉強をする必要があります。
その前に韓国語能力試験がどんな問題構成になっているかを把握する必要があるでしょう。
韓国語能力試験の試験の内容的に、どれだけ韓国語が達者という方でも、韓国語能力試験に必ず受かるかといえばそうとは限りません。
逆に言えば、対策をしっかり立てれば受かる可能性も出てくるのです。
韓国語能力試験は大きく四つの試験内容にわかれているので、まずは個別対策をしっかりする必要があります。

韓国語能力試験は初級中級高級の三段階に分かれており、受験者はこのうちのどれかをまず選択します。
高級が良いのは当たり前ですが、いきなり選んでも受かるかどうかは難しいです。
まずは韓国語能力試験の初級か中級で、自分の実力を試してみてはいかがですか。
例えば韓国語能力試験初級の1級は、自己紹介ができるレベルで観光程度に必要な韓国語を扱えるかどうかが試されます。
一方で6級は、どんなテーマでも韓国語を自由に操れるレベルです。

韓国語能力試験NAVIメニュー