×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

韓国語能力試験

韓国語能力試験の合格発表

今ではまだハングル能力検定に水をあけられている感は否めないものの、日本限定のハングル能力検定とは違い韓国語能力試験は世界各地で開催されている試験です。
もし韓国語を用いた企業、例えば韓国での就職を目指しているのなら、ハングル能力検定よりも韓国語能力試験が力強い見方となってくれるでしょう。
今まで勉強してきた韓国語がどの程度定着しているのか、勉強の成果を試す意味で韓国語能力試験を受験してみるのも良いでしょう。
韓国語能力試験は年に二回開催されており、もし今回間に合わなくても次回は半年後なので焦る必要はありません。
その半年の間に、韓国語能力試験に向けて改めて勉強を見直す事もできますからね。

韓国語能力試験に無事合格すれば、晴れて韓国語に対する実力が証明されることになります。
手段として、力試し的に受験される方もいるでしょう。
しかし、せっかく苦労して合格した韓国語能力試験を、活かしてみようというのです。
韓国語能力試験に合格したという事で、韓国のウェブサイトを覗いてみるというのも面白いでしょう。

韓国語能力試験の合格発表がウェブサイト上から確認できるのをご存じですか。
もちろん韓国語能力試験の各級に合格すれば、韓国教育課程評価院という機関から合格通知が発送され合格発表となります。
しかし、その前にこの韓国教育課程評価院のサイトから韓国語能力試験の合格発表がされるのです。
韓国教育課程評価院のサイトは当然ながら韓国語表記されていますが、韓国語能力試験を受験して合格発表を待つ身ならば問題ないでしょう。

韓国語能力試験の問題は大きく分けて四つあり、語彙及び文法と書き取り、それに聞き取りと読解から成り立っています。
韓国語能力試験はそれぞれが100点の配分となっており、計400点満点のうち一定以上の得点を取れば各級の合格となる仕組みです。
それぞれ赤点とも呼べる基準点が設けられているものの、得意分野があれば他が苦手でも合格できるのが韓国語能力試験の特徴です。
弱点を克服して満遍なく点数を取るのもよし、得意分野を徹底的に伸ばすもよしです。
もちろん、ただ韓国語能力試験に合格すれば良いという訳でもないでしょう。
特に韓国語能力試験を取得した上で何か行動を起こそうと考えている方は、全ての分野において高得点が狙えるようにしたいです。

韓国語能力試験NAVIメニュー