×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

韓国語能力試験

韓国語能力試験の合格率

日本で韓国語に関連した試験といえば、ハングル能力検定が有名で受験者数も多いです。
しかし、試験の規模で言えば韓国語能力試験が世界最大となります。
日本以外の世界各地で開催されており、韓国政府が認定している韓国語の試験という点が韓国語能力試験最大の特徴です。
韓国政府に認定されているという事は、韓国語能力試験を就職などに使うとアドバンテージが得られやすいという事ではないでしょうか。

韓国語能力試験を受験するにあたり、やはり気になるのは試験難易度と合格率ではないでしょうか。
韓国語能力試験とハングル能力検定とを比較すると、難易度ではハングル能力検定の方が上とされています。
合格率を見ても、韓国語能力試験の最上位になる6級とハングル能力検定の最上位になる1級とでは、ハングル能力検定1級の合格率がかなり低くなっています。
韓国語能力試験の合格率は、初年度こそ低めでしたが最近では初級なら8割に近かったり上級でも5割だったりと、高めと言えるでしょう。
そのためか、韓国語能力試験を武器に就職を目指そうとするのなら最低でも4級から5級を持っておきたいと言われています。
韓国語能力試験の5級といえば、今は上級の下位等級として扱われています。

韓国語能力試験は、世界で使える韓国語に関する試験です。
韓国語を使って仕事や勉強をしたいと思っている方はもちろん、自分がどの程度韓国語をマスター出来たかを表す指標としても韓国語能力試験は使えるでしょう。
韓国アイドルファンの仲間に、こっそりと韓国語能力試験を受験して合格を自慢なんて事をしてみるのも良いでしょう。
日本国内に限って言えば、韓国語能力試験にこだわる必要はなくハングル能力検定でも代替されます。
寧ろ、日本国内で韓国語のレベルを証明するのなら韓国語能力試験よりもハングル能力検定の方が良いと言われることさえあります。
どちらを受験しようか迷ったら、両方共受験してみるのも良いでしょう。

韓国語能力試験NAVIメニュー