×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

韓国語能力試験

韓国語能力試験の申込方法

韓国語能力試験に合格すれば、韓国語に対して一定以上の造詣があるという事を世界的に証明できます。
世界的にというのは、韓国語能力試験が韓国語に関した試験として韓国政府に認められたものだからです。
事実、韓国語能力試験は日本のみならず世界中の国と地域で開催されている非常に大規模な試験です。
韓国語能力試験には初級中級高級と三段階ありますが、仕事で本格的に韓国語と絡もうというのなら高級以上は持っておきたいです。
高級以上というのは、韓国語能力試験はこの三段階より更に1級から6級まで分類されるのです。

韓国語能力試験は、年に二回開催される試験です。
4月と9月に開催されるので、近い方か韓国語能力試験の勉強を十分出来るだけの期間を取れる方を選ぶと良いでしょう。
韓国語能力試験の申し込みには願書が必要になるので、まずはサイトなどからダウンロードして申し込みの準備を済ませてしまいましょう。
因みに、韓国語能力試験は併願して申し込みが出来ます。
併願申し込みが出来るのは隣接した級のみで、初級と高級では併願出来ないので注意です。
併願申し込みをするメリットは当然あり、韓国語能力試験を二度に分けて受験するよりも安く済みます。

韓国語能力試験よりも、韓国語に関する試験としてはハングル能力検定の方が日本での知名度が高いように思います。
試験難易度的にも韓国語能力試験よりもハングル能力検定が上と言われ、こう聞くと存在が危ぶまれます。
しかし、世界的に見ればハングル能力検定はマイナー試験となっており韓国語能力試験が基準です。
だからと言って、せっかく取得したハングル能力検定が無駄になる事はありません。
少なくとも日本では、韓国語能力試験以上に評価される事があるのですから。
既にハングル能力検定の最上位級を取得している方は、改めて韓国語能力試験を受験してみるのも良いかもしれませんね。

韓国語能力試験NAVIメニュー