×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

韓国語能力試験

韓国語能力試験の内容

韓国語能力試験を利用すれば、今自分が韓国語に対してどの程度のレベルにいるのかが簡単に分かります。
また、この韓国語能力試験で良い結果を残しておけば、韓国への留学や韓国語を母体とした企業への就職に一歩近付けるでしょう。
似たような検定試験にハングル能力検定というものがありますが、韓国語能力試験を受けたいのならば間違えないようにしましょう。
日本での知名度は、韓国語能力試験よりもハングル能力検定の方が高いように思います。
因みに、韓国語能力試験は韓国政府に認定された試験であり、格も高いようなので使い勝手は良さそうです。
これから韓国の学校へ留学したいという方や韓国企業への就職を目指している方は、韓国語能力試験に挑戦してみると良さそうです。

韓国語能力試験は日本だけでなく、世界中で開催されている規模の大きな試験です。
日常的に母国語として韓国語を用いる韓国人は受験者として想定されていませんが、韓国でも韓国語能力試験を受験することは可能です。
既に、韓国へ留学している方が受験するためのようです。
日本で韓国語能力試験を受験するよりもやや試験料が安いなど、ちょっとしたメリットがあります。
韓国語能力試験のために韓国へ留学、というと順序が逆に思えるかもしれませんが方法としては有りですね。
日本で韓国の文化が取り上げられるようになって久しいですが、未だに一部では根強い人気を誇っており、韓国語能力試験を目指す方も多いでしょう。

韓国語能力試験には、大きく分けて二種類あります。
恐らく多くの方が受験するのは一般韓国語能力試験と呼ばれるもので、難易度が初級中級高級と分かれているものでしょう。
更に細かく分けると1級から6級までの6段階になり、韓国語能力試験の6級に合格すれば韓国語のエキスパートと言っても差し支えないでしょう。
気になる試験内容は、語彙、文法に書き取り、そして聞き取りと読解の四つからなります。
配分はそれぞれが100点ずつ持っており、合計点から韓国語能力試験の合否判定がされるシステムです。

韓国語能力試験NAVIメニュー